FC2ブログ

What's New !!

■8/29 21時~生放送 町田慎吾です#6 guest:ほさかよう 佐藤永典


紺屋の明後日
9/20~29 池袋 あうるすぽっと
主演:町田慎吾
新垣里沙、藤原祐規、森下亮 他
チケット発売中


『ドープアウト』dopeⒶdope step.4
2019年10月30日(水)〜11月4日(月祝)
池袋シアターKASSAI
町田慎吾ゲスト出演決定!


伊賀の花嫁その四
2020年1月22~2月2日
俳優座劇場(六本木)
町田慎吾主演
瀬下尚人
水谷あつし


■映画「7 ナナ」
町田慎吾出演決定!
2020年公開!!





---Thanks----
ピウス企画「ヒューマンエラー」
8/8~8/18 中野ザ・ポケット
主演:町田慎吾
出演:畑中智行 永井幸子 森下亮 小玉久仁子 三上俊 河原田巧也 他


Profile

Nanan

Author:Nanan
表現者町田慎吾君の甘口応援ブログ

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

月別アーカイブ

counter

私のダーリン 全編

記憶の限り
私のダーリン全編レポ
長いです


 私のダーリン  

一幕

Prologue

公園の噴水の前に座る
一人の占い師の女(黒木さん)
通りかかる男(玉野さん)に向って
「あなたは死にます」と声を掛ける

気になって戻ってくる男
男「なんでしょうか」
女「ですから、あなたは死にます」
男「僕は死にません!」

ぎこちない手つきで筮竹を落とす女
男「占い始めて何年?」
女「3日」(笑)

新米占い師でお客さんが来ないので
男を必死に引き止め
手相を見せてと迫る女
見せるまいと床に手をついて踏ん張って
思い切り手を踏まれる男(笑)

池の前でもみ合ってるうちに
池に落ちてしまう二人

これが本物の水(笑)
ずぶ濡れで立ち上がる二人
「あ、なんかいる!なんかいる!」
と男の背中から出てきたのが「鯉」(笑)

鯉1 ここで可愛らしい鯉の登場 鯉2 

鯉に後ろからかじられてる感じの(笑)
錦鯉のヌイグルミを被って
軽快なリズムと満面の笑顔で
恋の鯉バナ~♪」と
上手から町田君、元気君のドキドキ組み(笑)
下手から愛原さん、雄大君、良大君

頭を振るとちゃんと尻尾が揺れて
プリーツのヒレをゆらゆら揺らして
超可愛い振付と歌で掛け合いながら
るるる~ ららら~恋の鯉バナ~
誰と(誰と)誰かと(誰かと)
鯉の恋バナ~♪


膝でリズムをとりながら
笑顔で顔を指差して踊ってる姿が
衝撃的に可愛すぎて
初日倒れましたよ(笑)

愛原さんのはヒレがピンクで女の子仕様
町田君もコレ着て欲しかったな~(笑)

ダーリン公式ツイッターで
キグルミだけ写真が出ていましたが(笑)
頭の黒ブチが細い方が町田君のです


ここで町田君鯉のご挨拶

町鯉「みなさま本日はようこそいらっしゃいました
を合図に横向きで整列する5匹の鯉
町田君を先頭に
自分の頭を指さして一同
「鯉です」(笑)

人差し指の先だけ顔に向けてるのが
超~可愛い~

「いや~まさかこんな風に池から飛び出すとは
思ってもみませんでした」と
ヒレを広げる町鯉君(笑)

東京千秋楽はここでいきなり後ろを向いて
「ね、みんな!」って振ったんですよね(笑)


ここで鯉の町田君と愛原さんが
劇中の虎ちゃんと夢子ちゃんに扮して
二人の出会ったエピソードを語ります

売れない小説家の虎衛門と
それを支えて女社長になった夢子
夢子の頑張りで念願の一軒家を構える事になった二人

「ローンはしっかり残ってますが」と
頭をかいてる町鯉(虎)が可愛い


そしてその家の隣人紹介

町鯉「右隣に住んでいるのは
獣医で未だ独身の小谷仁さん」

暴れる小型犬を連れて現れた仁さん(石川禅さん
人見知りらしい
緊張して視点が定まってない感じで
オドオドとセンターに
「どうぞ」と鯉達に紹介されて
何も言わずにお辞儀をしてハケる仁さん(笑)

これをちゃんと正座して見てる鯉5匹が可愛い

町鯉「さて、その左隣に住んでいるのは」と
紹介しかけて慌てて
「うるさいから良いよ~」と止めに入る元気君達

「何がうるさいんじゃ え”~~~??」
と凄みながら登場したのは
派手なサテンのジャンパー姿の
竜崎龍二(坂元健児さん)と
ヒョウ柄ミニワンピースでスパイラルパーマの
竜崎麗香(愛音羽麗さん)ご夫妻(笑)

「ワシがうるさいんか え”~?」と
至近距離で凄まれる町鯉君
引きつった無理やりな笑顔が激しく可笑しい(笑)

「そないなふざけた格好しやがって あ”~?」と凄まれ
「仕事です」と統制のとれた鯉軍団
シレっとした顔してる町田君が面白い(笑)
龍二「そんな仕事があるかボッケ~」(笑)

そして「ワシがうるさいんか あ”~?」と麗香さん(笑)
これが愛音さん宝塚退団後、
女優デビュー初の台詞とトークショーで言っていました(笑)

「麗香ちゃんはダメ そんな事言っちゃダメ~」と
麗香ちゃんにメロメロの龍二(笑)

徐にポケットから金色のマイクを取り出し
歌いだす「恋の竜崎♪」(笑)

客席に必死に謝る鯉達(笑)
うっかり手拍子をしてしまう元気君を
制止する町田君(笑)

頃合を見計らって
竜崎夫婦を袖に追いやる鯉軍団(笑)
ここで町田君が坂元さんの脇腹をツンツンして
「そこツボ!」をやって貰ってます(笑)

気を取り直してまた可愛らしい振付で
鯉の恋バナを踊りながら笑顔ではけていく鯉達

ちゃんとエラ呼吸して泳いで帰る町田君
たまにピクピクっと尻尾を振ったり
気持ち良さそうにゆっくり泳いだり芸が細かい(笑)

長々書きましたが、ここまでがプロローグ(笑)

--------------------------

夢子と虎衛門の出会って10周年パーティの前日

寝室で寝ている虎衛門を起こしにいく夢子
「起きろ虎衛門~~~」と
色んな手を使って起こそうとしても
全く動じない虎衛門

諦めて戻り、はっとした表情を見せる夢子
慌てて虎衛門のベッドに駆け寄り
「ねぇあなた 嘘でしょ?
ちょっとやめてよ 明日で10周年なのよ
そんな時にどうしちゃったのよ」と
虎衛門の体を揺する夢子

これからはずっと一緒にいようねって言ったじゃない
虎ちゃんの嘘つき!
私の命半分あげるからお願いだから目を開けてよ!」
と虎ちゃんの胸に泣きつく夢子

「やめてくれる?そういう起こし方」と
渋々起き上がる虎衛門(笑)

小説が書きあがってほっとしている虎衛門
考え事をしながら虎衛門のコーヒーに
もの凄い量の砂糖を入れる夢子(笑)

これがトークショーの
「劇中のと同じ位まっちー砂糖入れるよね」
って言ってたやつです(笑)

優しい虎衛門は咎めもせずに
そっと夢子のコーヒーと摩り替える(笑)
気付いた夢子にコーヒーを取り返され
激甘いコーヒーを口に入れてしまい
そのままそっと吐き出す(笑)

ここの玉野さんがいつみても面白い(笑)
虎ちゃんのカップは
ちゃんとドラえもん柄なんですよね(笑)
黒木さんシュガーポット毎入れてる時もありましたね(笑)

明日着るパーティーの真っ赤なドレスを合わせて
虎ちゃんとイチャイチャしてる夢子
そこにお隣の仁さんと竜崎夫婦が
冷やかしながら入ってくる(笑)

ここでみんなで思い出を語りながら
5人で舞台の前へ
我々両隣の 仲の良い~ お友達♪」と歌いだす
流石に凄い声量の5人
ホノボノとした歌詞なのですが
歌声に圧倒されます

竜崎夫妻「三年前の私たちの出来事~♪

----------------------------------
三年前

幕の中からカウントが聞こえ
そこに登場したのは

全身タイツショッカー衣装の
便利屋三人衆とお手伝いに借り出された浅井良雄君町田君

美咲ちゃん(愛原さん)が指揮を振って
歌うは便利屋ドリームの社歌

甲子園で流れそうな応援歌超で
戦隊もののヒーローの様な凛々しい顔して
歌い踊ると言うかキメる(笑)
全身タイツのショッカー4人

そのまま歌詞だけ書くとマズイので
引用感想入れます(笑)

いくぞ 便利屋ドリーム
明日へ向って~

これは完全にヒーローもの(笑)
この時の町田君厳しい表情が
堪らなくカッコいいんですよ
全身タイツなのに(笑)

いざ 羽ばたいてく
未来に向って~

ちゃんと羽ばたいてるのが可愛い

東に重い家具あれば
行って片手で担ぎ上げ

これは町田君見事なパントマイム
真顔なのが本当に面白い(笑)

西に汚い庭あれば
行って雑草抜きまくり
」と
みんなでワシワシ草むしり(笑)

南に臭い犬いれば
で髪の長い元気君が犬の役(笑)

行ってシャンプーリンスまで」で
みんなでシャンプーして
町田君ポーズ(笑)

そして町田君だけ後ろのテーブルに腰掛け
北に弱った人がいれば」で
肩を震わせて泣いている町田君(笑)

町田君も合流して
行って叫ぼう応援歌
いきなり凛々しい顔になるのが
本当に面白い(笑)

こういうの本当得意ですよね(笑)

我等~便利屋~便利屋ドリーム
※repeat
と最後まで真顔で歌いきる町田君
最後のよいしょポーズが堪らなく可笑しい(笑)


そして便利屋社長の夢子さんから
一人ずつ社訓を言わされる従業員

「いつも笑顔を絶やさずに」の雄大君に合わせて
両手を顔を指差し笑顔を作る町田君
本当可愛い(笑)

順番が怪しいですが良大君かな
「迅速」さをアピールしてる時
真顔で非常口のマークのようなポーズの町田君(笑)

最後に元気君の「誠心誠意尽くします」で
揉み手から入って
真顔で「誠意」を表現するパフォーマンス(笑)

コントとは言え
指先まで美しい町田君の動きが素晴らしい
全身タイツだと体の線がはっきり出るから
姿勢の良さが際立ちますね

で また本当に細っ


良雄君はあくまでお手伝い
夢子さん「ごめんね~良雄君
「ちょと恥ずかしいですが」と
そっと前を手で隠す良雄君(笑)

良雄君「先生の原稿が出来るまで暇ですから」に
従業員達が良雄君の周りに集まり
ショッカーよろしく
「イー人!イー人!」と握手を求められて
爽やかな良い人笑顔で握手に答えてる良雄君可愛い(笑)

そこに現れた虎衛門の元に駆け寄る良雄君
良雄「先生~! 原稿お願いしますよ!」
先生「ああ!お前の笑顔に為に俺は戦う!シュワッチ」
とウルトラマンのお面を後ろ頭に
書斎へ飛び去る虎衛門(笑)

夢子さん「今日は遊園地で悪役の仕事です」
雄大君「ヒーローじゃないんですか?
僕はどちらかと言うと そっち系なんですが」
とヒーローポーズ(笑)
良大君も同じく
元気君「僕はこっちで」(笑)
良雄君「僕は 判りません」(笑)

最後の「イー!」ポーズまで
形が綺麗でしたよ


みんなが出かけた後
やってきたのはお隣竜崎夫婦

「実は私たち親に内緒で一緒になったんです」と麗香
居場所がバレて父親が乗り込んでくるので
夢子さんに相談に
お父さんが経営する会社の名前が「竜崎組」(笑)
「本物なんすよ」と怖がる龍二

早速玄関からお父様の声
椅子の陰に隠れる龍二
「邪魔するぜ~~」と
全身タイツの良雄君の首根っこを掴んで
引きずって入ってくる竜崎パパ(禅さん・笑)

首を掴まえられて
つま先立ちで引きずられてる良雄君
可愛すぎる(笑)
禅さんが大きい方なので
町田君の細さと小ささが際立ちます(笑)


軽々床に放り出される良雄君
膝を押さえて「痛~い 痛~い
「はいご苦労さん」と竜崎パパに胸を叩かれて
「キャン」ってなってる良雄君が可愛すぎる~~

「大丈夫?」と夢子さんに言われて
「ダメです ダメです」な良雄君(笑)

全てが玉野さんの当て書きです(笑)

夢子さんに支えられて
麗香さんに膝を払って貰いながら
「僕たちが道を歩いていたら
竜崎さんの家を訪ねられて」と
必死に説明する良雄君の怯えっぷりが可愛い(笑)

「そんな格好してたら誰だって怪しむだろう」
と竜崎パパに言われて
慌てて前を隠す良雄君(笑)

夢子さん「他のみんなは?」
良雄さん「玄関で人質になってます」(笑)

ここで竜崎パパの自己紹介
「竜崎牛男ちゅうもんじゃい」と
ホルスタイン柄のスーツで「モ~~」と(笑)
ここは禅さんのアドリブ
シレッと眺めてる夢子さんを見て
「すまんかったのう」って寂しげなのが可笑しい(笑)

隠れているはずが完全にバレている龍二
パパ「そいつと手を切って」で
観念して顔を出す龍二の
引きつった笑顔が面白い(笑)

自分が見つけてきた結婚候補を呼ぶ竜崎パパ
入ってきたのはのスーツに身を包んだ元気君達(笑)
ここでウエストサイドよろしくな
バトルが繰り広げられます

そこに「うるさ~~~い!もう!」と
美咲ちゃんが乱入で
衝撃が走る君達(笑)

なんと言う出会いだ 僕の心は一瞬で君の虜に
今時が止まった僕の瞳に映るのは君の姿だけ」と
美咲ちゃんに一目惚れしてしまう3人(笑)

自他共に認める可愛い美咲ちゃんは
自も認めてるところがミソで(笑)
「私の美しさが罪」と堂々歌い上げる美咲ちゃんに
なんなのこの女~」と夢子さん(笑)
「付き合ってくださ~い」

「ちょっと待った~~」と良雄君
ショッカー衣装の黒い全身タイツに
どこから持ってきたのか
首に巻いた真っ赤な長いマフラー
手動でたなびかせて(笑)

彼女は僕の女だ~ 
お前たちに渡してたまるものか~
」と
センターで町田君のオリジナルダンス
これもう本当にカッコいいんですが
時折マフラーから顔を出して
美咲ちゃんデレな表情で投げキッスしたり
超笑顔でキメポーズしてみたり(笑)

かっこいいやら
可愛いやら
可笑しいやら(笑)

まさか全身タイツで
このダンスが見られるとは(笑)


本当ですか?
美咲ちゃん「いいえ偽りです」に
ガーンと言う効果音に合わせて
もの凄い渋い顔作ってる良雄君(笑)

タイミングも絶妙
絶対外さないですよね(笑)

そして夢子さんの元へ泣きながら帰ると言うオチ(笑)

結局応援に入った虎ちゃんを殴った竜崎パパが
夢子さんに殴られ(笑)
一件落着

竜崎夫婦の歌で締め

---------------------------

色んな思い出の中で
夢子と虎衛門の二人には
忘れられない思い出がある♪
」と
町田君と愛原さんの掛け合いから
再び鯉登場

出会って8年目の記念日に二人は話しました
運命の出会いはあるのだろうかと♪


ここの手の振りが可愛い


8年前の思い出の公園

あの時手相を見て貰っていても
池に落ちるかどうか実験

コンビニの袋を持った虎ちゃんと
占い師の真似をした夢子が
同じシチュエーションで実験開始

結局「池に落ちなかったね~」と
二人で池の淵に座る

虎「夢子はたんぽぽみたいだね
僕のところに飛んできて
根を下ろしてくれた」

懐かしい話をしながら
ポップコーンを食べようと
硬い袋を開けようとする夢子
「貸して」と虎衛門もなかなか開けられない
ポップコーンの袋が破けた勢いで
二人は再び池に(笑)

そしてまた虎衛門の背中から鯉が(笑)

夢「二人で落ちた!」
虎「落ちたね!」
「やっぱりあなたは運命の人
私のダーリーン」と虎衛門に抱きつく夢子


水の中の石影からそっと覗いていたかのように
静かに息を潜めながら登場する鯉達

ここは本当に鯉
静かに呼吸をしながら二人を見守ってる
鯉の動きが本当にリアル

静かな曲調に変わり
町田君と愛原さんがセンターで
やっぱり二人は運命の二人
思い出の公園は運命の場所
そして僕らは二人を結んだ
恋の恋の鯉~♪
」と

手話の様に二人を結んだ鯉を表現する
指先が本当に美しい

運命の出会いを再び感じた
夢子と虎衛門でした♪


愛音さんと顔を近づけて
尻尾をフリフリしてるのが可愛らしい

---------------------------

そんな素敵な思い出
何とも羨ましい
」と白衣の仁さん登場

去年の今頃母親に無理やりお見合いを勧められた♪

歌い終わって、目をシバシバさせながら
恥ずかしそうに軽くお辞儀をする仁さん
流石禅さん
パパの時や二幕とガラッと人格が変わるんですよね


一年前の仁さんの出来事

虎ちゃんと夢子が前シーンで池に落ちたからか
二人でお風呂に入ってるシチュエーションで
バスローブ姿で登場(笑)

ホストのヘルプで待機中の便利屋君達
夢子が着替えてる間
玉野さん無茶振りコーナー

毎日日替わりゲーム
玉野さんのお題を聞いてるだけでも面白いです(笑)
シェスタコビッチの時はマジ吹きしました(笑)

ネタが終わって
玉野さんの「頑張ろうな」合図で
「先生~~!」と登場する良雄君

「何で二人で風呂に入ってたんですか~」と
良雄君に詰め寄られ
「ああ これね~」と小説を書く真似をしてみせる虎衛門
そうそうと期待に満ちた顔で先生を見上げる良雄君
虎衛門「書けな~い」
良雄君「ええ”~?」

「シャワーの水が耳に入って
左脳の思考回路がショートして・・・」と
苦しい言い訳をする虎衛門
「じゃあそのショートしたところを
半田付けしてでも書いてください!」と良雄君

虎衛門「良雄君そんな事言う人だったの~?」
良雄君「今日が締め切りなんですよ!」
虎衛門「え~今日が~?」と
子供をあやしてる様な顔してる先生(笑)

美咲ちゃん「今日が3月10日です」
「まだ二月だよ 2月38日~」と笑ってる虎衛門

「笑えないなぁ~僕は~」と
目を剥いて怒ってる良雄君の表情が可笑しい(笑)

何とか逃げ切る虎衛門


夢子さんに呼ばれた麗香さんがやってくる
「これからホストの実施訓練を行います」と
便利屋3人のホストにダメ出しをする麗香さん
「どうすれば」と言われて
お手本を見せることに

徐に金糸の派手な刺繍のジャケットを羽織る麗香さん
振り返ると宝塚劇場(笑)
これは相当笑わせて頂きましたが
本当にカッコよかったです(笑)

「やだぁ~」と素に戻る麗香さん
ジャーンとまた音楽が鳴り
今度は下手から娘役衣装を着た夢子さん(笑)

夢「フェルゼン」
麗「王妃様~」と
ベルサイユの薔薇(笑)

流石本物(笑)

宝塚関係の方が観劇されていた時は
もの凄い盛り上がりようでした(笑)


従業員を見送った
マリーアントワネット夢子さんの元に
「どしたのそのドレス?」と仁ちゃん(禅さん)が現れる(笑)

「夢ちゃん、これからお見合いさせられるんだけど
どうしたらいいでしょう」と仁ちゃん

自分をお見合い相手に練習をと夢子さん
仁「いや~ できないわ~」
夢子さん「女の一人も口説けないようじゃ
男じゃないでしょ!」

ここで仁ちゃん豹変(笑)
豪快に白衣を脱ぐと
下はフリフリのサテンのブラウス
「ぅわっしょーい」と足をソファーに背もたれに掛けて
ラテン調の曲に合わせて
人が変わったように歌い踊る仁さん(笑)

お見合いの練習なので
歌いながら夢子さんに熱く愛を語る仁さん
そこに出くわして
椅子をかじりながらヤキモチを焼く虎ちゃん(笑)

最後は仁ちゃんを殴って走り去る虎ちゃん
殴られた勢いで夢子さんに抱きつく格好の仁ちゃん
また逃げられたと先生を追いかける良雄君
先輩を追いかけて現場を目撃して完全に誤解する美咲ちゃん
そこに留袖を着て現れた仁ちゃんのお母さん(坂元さん)
とドタバタ劇(笑)

幕が引かれて一人ずつのソロ
虎衛門「今となっては笑える思い出
バスローブのまま街を彷徨い続け~
原稿の締め切りに間に合いませんでした
」(笑)
仁「現場を見た僕の母に、夢子さんとの仲を誤解され
お見合いがキャンセルになりました
」(笑)

---------------------------

パーティの準備

テーブルを運んでパーティの準備をする
夢子と虎衛門と隣人達

龍二「仁ちゃん、麗香ちゃんのお父さんそっくりだよね」
仁「そういう龍ちゃんだって、ウチの母さんそっくりだよ!」
と前シーンの引っ張りネタ(笑)

虎衛門が書き上げた小説は
ここのみんなが題材になっている


みんなが帰った後
夢子「ねぇ あの小説書き直さない?」
虎衛門「またその話?」

自分達が題材になっているから
ストーリー展開が嫌だと言う夢子
虎衛門「この物語が夢子が提案したんだよ」
夢子「だから変えてって言ってるじゃない」
と口論になる

虎衛門「僕はこれでいい気がするんだよ!」
夢子「私はこれじゃいけない気がする!」

そのまま一人で散歩に出てしまう虎衛門


-------------------------------

パーティー当日

寂しげな顔をして
タンポポの鉢をテーブルに置く夢子

いつもの様に眠っている虎衛門
いつもの様に虎衛門を起こしに行く夢子

「ねぇ あなた起きて 目を開けてよ
いやよ 嫌だからね 一人にしないでよ
今日で10周年なのよ
そんな時にどうしちゃったのよ・・・
私の命半分あげるからお願いだから目を開けてよ・・ ねぇ・・・」
虎衛門の胸に泣き伏せる夢子

ゆっくりと起き上がる虎衛門
夢子「虎ちゃん 起きた・・・」
虎衛門「おはよう」
夢子「もう夕方よ」


神妙な面持ちで階段を降りる虎衛門
虎衛門の顔をゆっくりと手でなぞりながら
虎衛門の手を取る夢子

虎衛門「今日はパーティーか」
夢子「そう、今日で出会って10年目
虎ちゃんも早く着替えてきて」

歩き出した虎衛門が振り返る
虎「夢子 今までありがとう」
夢「なぁに?改まって」


虎「君と二人で過ぎた日々 9年と365日
夢「なんか変な言い方(笑)」

虎「出会いはちょっぴり変わっていたけれど
変わらない笑顔の二人がいた♪


私のダーリンのテーマ
9年と365日』を歌う夢子と虎衛門

ピアノ伴奏のゆっくりと流れるワルツで
静かに夢子の手を取り踊り出す虎衛門

テンポが上がって軽快なタップ
二人で見つめあいながら
リズムを合わせていく夢子と虎衛門

ここの玉野さんの歌声とタップが
もの凄く温かくて優しいんですよね~


夢子が虎衛門に何か言いかけた時
玄関のチャイムが鳴る
虎「もう誰か来たみたいだよ」
夢「虎ちゃんも早く着替えてきて」

「失礼します 浅井です」
一番乗りは原稿を取りに来た良雄と美咲
黒のスーツに赤いラメのチーフ
キラキラした大きなカフスの良雄君

真っ赤なドレスの夢子を見て
美咲「夢子さんそのドレス素敵ですね~」
謙遜する夢子に
「ええ とっても素敵です」と爽やかな良雄君

虎衛門の姿が見えないので書斎に見に行く良雄
そこに黒い服を着た隣人達がやってきて
夢子の姿に驚く

夢「まだパーティーの料理が間に合ってないの」
「パーティ?」「料理?」と顔を見合わせる三人

夢「今日はみんなでぱぁ~っと派手にやりますよ~!
その方が虎ちゃんも喜ぶだろうし」

仁「ああ!虎ちゃんが喜ぶならね
・・・だから夢ちゃんあのドレス・・・」


キラキラのスーツに身を包んだ虎衛門が戻ってくる
「ねぇ仁ちゃん、虎ちゃん素敵でしょ?」と夢子
「虎ちゃん?」と驚く仁

虎「仁ちゃん ちょっと話があるんだ」
訳の判らない顔をしている仁
虎衛門のいる方へ
吸い寄せられるように歩いていく


料理を手伝う竜崎夫妻のところに
良雄が戻ってくる
良雄「原稿はここにあるんです」
龍二「うん」
良雄「でも先生はいないんです」
龍二「うん・・・ いないね」
良雄「どこ行っちゃったんでしょうね?」
龍二「どこって・・・」
手で顔を覆い涙ぐむ麗香

「あ、良雄君後で二人に話があるんだ」と仁


従業員達も戻ってきて
パーティーの準備が出来たと乾杯に
夢子の隣に並ぶ虎衛門

「今日は私たち二人の記念日にお集まり頂きまして」と夢子
無邪気に拍手をする良雄と美咲

夢「今日は盛大に盛り上がりましょう!
ね、虎ちゃん」
良雄「いないんですけど?」
良雄君!」と慌てる仁

「みんなで記念写真撮りましょう」と美咲
「良いぞ吉岡~!」とノリノリの良雄

折角のドレスだからと夢子がテーブルの真ん中に
夢「みんな笑って~」
美咲と前髪チェックをしている良雄

夢「虎ちゃんも笑って」
夢子の隣で変顔を見せる虎衛門(笑)
意味が判らない良雄と美咲

タイマーのカウント毎に
驚いた表情に変わっていく良雄

シャッターが切られると
そこに虎衛門の姿がない


夢子「ねぇ 仁ちゃん
虎ちゃん 良い顔してた?」

仁「良い顔してたよ 虎ちゃん」

ポケットから薬を取り出す夢子
「今から行くわ」と
シャンパンで飲み干す

--- 一幕終了 ---

20分間の休憩です

--- 二幕 ---

LOVE FATE の SHOW

奥の高いステージに
人形の様にポーズをとるキャスト

ここの町田君が本当に人形
ハットを被って燕尾服を着て
瞬き一つせずに 手を広げてポーズをとる

中央に立つ禅さん
ようこそ 運命の恋の館 LOVE FATEへ
操られし 人間の出会いと別れ・・・♪

ゆっくりと高らかに歌い上げる素晴らしいソロ

坂元さんと入れ替わり
目の前にいる人なのか まだ出会えぬ人なのか♪

二人「あなたの運命のその人は 神のみぞ知る


だけど
この世は男と女 そこには恋のドラマが♪

とアップテンポに変わり

後ろの人形達が動き出す

この瞬間の無機質な笑顔と
帽子を滑る指の
アンドロイドのような町田君の動きが
ゾクゾクするくらい お人形なんですよ

ここで町田君のマリオネットが見られるとは


そして二人ずつ前に出る町田君
ここは町田君ロックオンなので
シンメが誰か分からない(笑)
本当は二人ずつなんですが、多分・・

雄「時代は変わっていても♪
町「変わらない愛の告白♪
全「二人に訪れるのは・・・」と
町田君と元気君達4人
笑顔で前に出て歌います

女性陣も合流全員
いつの時代も男と女は♪」のサビ

ハットを使って笑顔で踊る町田君が可愛い
ハットを斜めに持って
運命の恋かも~♪」と
踊りながら足早にハケる男性陣

愛音さんと 愛原さんのダンス
なんであんなに足が上がるの?
と言うくらい柔らかい
と お二人の脚線美に見惚れていると(笑)

上手から町田君達登場
4人でセンターに立ち
正面で力強く足を大きく回す振り

これは流石にかっこいい~~
このキレ
色んな意味で見惚れます(笑)


若手がはけて玉野さん登場

ここが町田君が真似してやってみた
と言っていたところかな?

見事なステッキ捌きとタップ
息を呑んでみてしまいます

玉野さんの華麗なタップの後
後ろから赤いドレスの黒木さんが登場

玉野さんのステッキを絡めて踊ったり
階段を使ったりと
様々な表情のタップを見せてくれます

ちゃんと女性が踊って綺麗に見えるような
振りがついてるのが凄いです


玉野さんが黒木さんに帽子を被せてステッキを渡すと
可愛らしい曲調に変わって
全キャスト登場

上手からステッキを持った町田君
ステッキとタップのリズムを合わせる
細かく難しい振りなんですが
玉野さんの隣で踊る町田君
キラッキラした笑顔が可愛いい

踊り込んだキャスト全員のステッキタップは
本当に圧巻です


玉野さんを真似て踊り出す黒木さん
それを嬉しそうな顔してみながら
踊ってる町田君が可愛いのなんのって
本当に表情のあるダンス

私の視界は町田君玉野さんでしたが
男性陣が踊りながら女性陣のステッキを回収
後ろのステージの下にさっと投げ入れるんですが
手元も見ないで
笑顔でこなしてるのが凄い鮮やか

玉野さんをセンターに
町田君禅さんと並び
男性陣の間を
黒木さんが練って歩くような演出

黒木さんの行くところを
目で追いながら
輝くような笑顔で踊ってる町田君
可愛いやら かっこいいやら(笑)

そしてフィナーレは
運命の恋かも♪」と
一人ずつ帽子をとり 顔を上げながら歌う
流石本場仕込の玉野さん
完全にブロードウェイミュージカルですね~

センターの黒木さんを囲って
満面の笑顔でポーズを決めるフィニッシュ
素晴らしい


ショーの余韻に浸っていると
天から一冊の本が降ってくる
ガラっと鋭い表情に変わる町田君

ナビゲーター禅さんのソロ
今宵も届いた 運命の恋の脚本
彼女がこの物語のヒロイン役名はルレーヴ


黒木さん「私が ルレーヴ」

神妙な面持ちでショーの準備に向う町田君
後姿が凄い迫力ありました


ここからは全編歌劇
そして舞台は小説の中
衣装もセットも平面にイラストのモノトーン

禅さんアーザー 今宵の主役は彼女とお前だ
黙って帽子を深く被り
タップで返事をするアーザー(玉野さん

-------------------------

暗転の中タップの音が響く

ダンサー アーザーの練習場所の公園
街の若者4人がアーザーのダンスに足を止める

もの凄い早いステップを見せるアーザー
これは見事!若者たちのテンションも上がります

そこに現れたのはドラゴン(坂元さん)
俺はショーの店のマネージャーLOVE FATEのドラゴン
さぁ みんなよく聞け良い話だ
美しい女達が運命の男を待っている♪

と街の若者を誘うドラゴン

名前はグリッター(愛音さん)
ラブリー(愛原さん)
そしてルレーヴ(黒木さん)


女性達の名前を聞いて
目を輝かせるグッド町田君)可愛い

女達が運命を感じるプレゼントを持って
今夜店に集まれと言うドラゴン

若者「それは何だ いったいどう言うものなのか
若者4人を集めておいて
ドラゴン「みんなせいぜい考えることだ」(笑)
ここは町田君
頭抱えてたり色んな表情をしてます

そこにヴェット伯爵(禅さん)がやってくる
ドラゴン「これはこれは ヴェット伯爵
ヴェット「ドラゴン今の話は本当なのか
と興味を持つヴェット

僕も 行っても良いかな
お金がなくてみすぼらしい格好のアーザー
驚いて笑っているヴェット
お前が?(笑)
笑いものに なっても良ければな
」とドラゴンの
「好きにしろ」の言葉に
喜んで駆け出すアーザー

-----------------

椅子を持って登場する3人の女達

男なんてみんな同じ♪」と
ルレーヴのソロから始まる「運命の男

一幕とは打って変わって
セクシーな衣装の羽麗さん
これもかっこいいです
そして流石娘役な愛原さん
女らしい振付が本当に綺麗
黒木さんは流石に貫禄あります

------------------

ドラゴンのお店 LOVE FATE

プレゼントを持って集まる若者たち
どうですか美しい彼女達」と
ルレーヴ達を紹介されて
高揚する時のグッドの表情が堪らなく可愛い

まずはダンスでアプローチを」とドラゴン

背筋を伸ばして後ろに手を組み
リズムに乗せて静かに踊るロンド
絡まないソシアルダンスのような振り

このシンプルな振りで
どこをとっても美しい形と品を保つ町田君の姿勢

お目当てのグリッターにウットリする町田君を見て
ウットリしてしまいます(笑)

グリッターに目をつけて
すれ違いざまにアピールするグッド
可愛いんですよね これがまた(笑)


そして告白の時間
心決まりし者は 運を天に任せて
覚悟はできたか

ここのドラゴンの歌声が凄く好き

緊張してドキドキしてるグッド
かわっ

「まずはラブリー(愛原さん)」
告白するのは元気君と良大君
元「一目見て決めていましたあなたに
良「愛くるしい笑顔に心奪われました
と二人に告白される

首を傾げて可愛らしく困るラブリー
「ねぇドラゴン
二人と付き合っちゃダメ~  かしら?」(笑)
ドラゴン「お好きに」(笑)


次はグリッターで町田君グッド登場
グッドあなたなら僕を リードしてくれる
そう思いました優しくして下さい


段々表情が曇ってくるグリッター
あんたそれでも男なの?」と睨まれる(笑)

あの~ なんかスミマセン」←これも歌です(笑)

しっかりドレミファとも仲良しでしたよ

ここは逆の立場で
愛音さんファンの方達も
凄い笑ってました(笑)


突然割って入るドラゴン
俺も参加させてくれ
プレゼントなどいらない
あるのはこの思いだけだ
俺はお前が好きだーーーーーーーーーーーーーーーー


ここは坂元さんの見せ場
もの凄い長い「好きだーーー」を披露してくれます
玉野さんが笑っちゃうくらい凄い(笑)

全然息が切れないし
町田君の髪を撫ぜたり
絡む余裕もあるんですよね~


最後はルレーヴ
雄大君「周りの空気を変えてしまう程
美しく優しいあなたの気品


そこに「もういいか若造 私の出番だ」と
ヴェット伯爵

家宝の宝石を持ってルレーヴに告白するヴェット
光栄ですが あなたは?」と
アーザーに目を留めるルレーヴ

音楽が止まりアーザーのアカペラ
僕はアーザー お金がないから
プレゼントできるのは
コレくらい
」と靴を指さすアーザー

不思議そうに見ているルレーブに
優しく可愛いタップを披露するアーザー
ルレーヴの表情が明るくなる
ルレーヴ「それは?」
アーザー「タンポポ!」

可愛いでしょう 折るのは可哀想だから
このまま 持ってきました
」と
土のついたタンポポを新聞紙から取り出すアーザー

笑っているドラゴンとヴェット

ドラゴン「さあルレーヴ 選んで貰おうか
由緒ある宝石か 道端に咲くタンポポか


アーザーに微笑むルレーヴ
大喜びでルレーヴの手を引いて走り去るアーザー


恥をかかされたなんて茶番だ
私がピエロになるとは
このままではすまさないぞ アーザー

と怒りを露にするヴェット
「覚悟しておけ」と捨て台詞を吐いて立ち去るヴェット

------------------------------

公園に二人仲良く並んで座るアーザーとルレーヴ
「君は飾らないタンポポみたいな人だね」とアーザー

下手に出てきたドラゴンとヴェット
の 中の人(笑)
劇中劇の休憩中に客観的に見ている人です(笑)

ラブラブな二人を見ながら
ヴェット「芝居とは言え なんっか腹立つな」(笑)
「仕方ないですよ運命の脚本なんですから」とドラゴン
グズグズ言ってるヴェットに立場が逆転
先に戻るドラゴンがヴェットに「椅子持ってこい」(笑)

このシーン凄く好き(笑)


ルレーヴ「ねえ、ダンス教えて」
アーザー「良いよ」

簡単なステップをやってみせるアーザー
一生懸命真似をするルレーヴ

ここのダンスレッスン
町田君が好きだって言ってた
アーザーのダンスについていけなくて
口で「タカタタカタタカタタン」って言って
笑ってごまかすオチャメなルレーヴのシーンです(笑)

段々上手になっていくルレーヴ
木の椅子を使って
タップとボディーパーカッション
これは楽しい

ルレーヴが可愛く見える振付を
一緒に踊ってるアーザーが
少年の様に可愛いです(笑)


最後は立ち上がって池の傍でダンス
ルレーヴが池に落ちそうになって助けるアーザー

「ちょっと待って
ここは池に落ちるところでしょう?」
「ルレーヴ台詞が違うよ」

台本を変えようと提案するルレーヴ
なんだなんだと集まってくる小説の中の役者達

「運命の脚本はその本を書いた
ペンでなければ書き換えられない」とドラゴン
「そのペンは人間界にある」

そう ここは
虎ちゃんが書いた小説の世界

ペンを取りに人間界に戻る夢子

----------------------

神妙な顔で集まる
ヴェット、ドラゴン、グッド

ヴェット「例の薬で 彼女はここにやって来たのか
ドラゴン「人間がここに来るとは しかも本人が
町・雄「ただの興味か」元・良「それとも他に何か?

ヴェット「彼女に気をつけろ 彼女から目を離すな
応えるグッド

---------------------

現実の世界

仁「みんな 夢子さんから目を離さないように」

ソファーで眠る夢子
テーブルで居眠りをする良雄

良雄達が眠っているのを見計らって姿を隠す夢子
頭がコックリ落ちた弾みで目を覚ます良雄

この寝落ちが超~~可愛い


良雄「大変だ!みんな起きろ!夢子さんがいない!」

外に探しにいく良雄達を確認して
急いで薬を飲み
手に虎衛門のペンを握り締めて眠りにつく夢子

----------------------

小説の世界

ヴェット・ドラゴン
彼女に気をつけろ 彼女から目を離すな
そう言ったはずだ それがどうした?


ヴェット達の視線に怯えながら
町「気が付いたら
元「いませんでした
良「お酒のせいで
雄「いつの間にか眠ってしまいました・・・

ヴェット「あ~もういい! 芝居の準備だ行け!」

-----------------------------

ペンを持って公園に戻り
台本を探す夢子

アーザー「運命は変えられないんだよ」
夢子「あなたは台本を見たの?」
アーザー「勿論見たよ」
夢子「私はどうなるの?」
アーザー「可哀想だよ もの凄くね・・・」

そこにグリッターとラブリーが台本を持って現れる
グリッター「変わらないからやらないの?」
ラブリー「やってもみないのに判っているの?」

ここのラブリーが凄く凛々しくてカッコいい


ペンで台本に書き込もうとする夢子
ペンが滑って書けない

そこにヴェットが現れる
「ペンを持ってきたのか
やはりお前は人間だったか」

夢子「そんな事よりどうして書けないの?」
ドラゴン「この本を書いた天の者でなければ
書き換えられないんだ」

虎ちゃんがモデルの
アーザーでも書き換えられない

台本を破ろうとする夢子
ドラゴン「運命の脚本は破る事もできない
燃やせもしない 永遠に存在するんだ」

「芝居を続けるのか?」とヴェット
夢子「続けて良いわ 絶対に変えてみせる」

------------------------------------------

上手にヴェットとアーザー
センターにドラゴンと若者達
下手に夢子とグリッターとラブリー

それぞれの場面が同時に進む演出

ヴェット「君たち二人を祝福したい
私の城で今日にでも晩餐会を

喜ぶアーザー

グリッター「気をつけるんだよ あの男には
何をするか判らないヴェット伯爵


ドラゴン「伯爵からのご要望だ 今すぐ城の橋に集まれ
若者「判りました

ヴェットの指示で
アーザーが来る前に
橋の欄干にオイルを塗るようにとドラゴン

言われた場所に向う夢子とアーザー

-------------------------------

ステージに残った
グリッターとラブリー
そしてグッド

自分の思うまま思い通りに ならない事などない
この街の権力者その名はヴェット・・
」と
グリッターのソロからラブリーと若者たちとの
掛け合いの楽曲『権力者ヴェット

前シーンの訝しげな表情から一変
このシーンに変わる場面
一瞬上を向いて ゆっくり顔を上げた時には
表情が一変してる町田君
これも凄い 鳥肌が立ちます

歌に途中から町田君達も加わる
何を企んでいるのか 権力者ヴェット

----------------------------

劇中の歌や台詞がミキシングされたBGM
無表情でセットを運ぶキャスト達

--------------------------

タンポポを取ろうと橋に登るアーザー
「やめて!すぐにそこから降りて!」と叫ぶ夢子

アーザー「大丈夫だよ手を伸ばせば届くから」
夢子「いらないから!タンポポなんていらないから!
虎ちゃん!!」

夢子の叫び声でアーザーの体に戻ってくる虎衛門
「判ったよ 夢子」


戻ろうとして
そのまま橋から落ちる虎衛門

呆然とする夢子
虎衛門に駆け寄り
「ねえ、あなた、起きて 目を開けてよ!
嫌よ、やだからね 一人にしないでね
今日で10周年なのよ
そんな時にどうしちゃったのよ 虎ちゃん・・・
私の命半分あげるから お願いだから目をあけて!」
と虎衛門にすがり付いて泣き叫ぶ夢子

近づいてくるヴェット
夢子「何をしたの」
ヴェット「私は何も」

「じゃあ何でこうなるのよ!
私止めたのに!」
とヴェットに掴みかかる夢子

ヴェット「運命だからだよ」
夢子「運命なんて信じない! 私のせいだから・・・」

-----------------------------

現実の世界

夢の中で泣き叫んでいる夢子
「夢ちゃんしっかりして!」
「夢子さんしっかりしてください!」
みんなの呼ぶ声に我に返る夢子

夢子の飲んでいたのは睡眠薬
仁「夢ちゃんこんな事しちゃダメじゃないか」
龍「虎ちゃん悲しむよ!」

「虎ちゃんを助けるためよ」と夢子

仁「虎ちゃんはもういないんだよ」
龍「虎ちゃんは昨日の夕方散歩に出て
タンポポを取ろうとして
橋から落ちて死んだんだよ」

夢子「判ってる!」

「謝らなきゃ」と走り出す夢子
後を追おうとする皆を止める仁

仁「夢ちゃんは大丈夫
大丈夫だから見守っててくれって
虎ちゃんが言ってる」

仁を見つめるみんな
「居場所は判ってる」と歩き出す仁
みんなも仁に続く

----------------------------

思い出の公園

一人池の淵に佇む虎ちゃん
そこに夢子が現れる

夢「やっぱりここに居た」
虎「やっぱりここに来た」

夢「ゴメンね 助けられなかった」
夢子の目に涙が溢れる

虎「無茶だって言ったのに」
夢「私のせいだから・・・」
虎「夢子のせいなんかじゃないよ」

虎衛門の顔に手を触れて
ゆっくり虎ちゃんの手を取る夢子
虎ちゃんの腕に顔をうずめながら
「初めて会った時に
あなたは死にますって言ってごめんなさい
小説の中でタンポポを取ろうとして
虎ちゃんが死んじゃうお話を作ってごめんなさい
その事がきっかけで喧嘩して
それが最後になってごめんなさい
私の作ったお話が本当になって
虎ちゃんが死んじゃったの私のせいだから
助けたかったから でもできなかったから
ごめんなさい ごめんなさい・・・」と泣き崩れる夢子

虎「夢子は頑張った 僕を助けようとして頑張った
それだけで 僕は充分だよ」
夢「でも私と出会ってなかったら
こんな事にはならなかったのに」
「違うよ 夢子と出会ったから
9年と365日も楽しかったんだよ」と
夢子を抱き起こす虎衛門

虎「夢子 今までありがとう」
夢「・・・うん」
虎「かっこ悪い別れでごめん」
夢「うん」
虎「でも僕らしい これが僕の運命の脚本だったんだね」
噴水の淵に咲く綿毛のタンポポを
夢子の手に握らせる虎衛門

夢「書き直したかった 運命の脚本」
虎「どんな風に?」

夢子を後ろから支えながら
優しく「話して」と虎ちゃん

夢「虎ちゃんはタンポポを取ろうとして
橋から落ちてしまいました
でも奇跡的に少しの怪我ですみました」
虎「それで」

夢「その後虎ちゃんは人気作家になりました
夢子も会社が大きくなって大成功しました」
虎「それから」

夢「そんな時二人の間に待望の赤ちゃんが生まれました
その子の結婚式には虎ちゃんは泣きすぎて挨拶も出来ずに大変でした」
目に涙をためながら夢子を抱きしめて
「うん」と頷く虎ちゃん

夢「虎ちゃんと夢子は120歳になりました」
泣き笑いしながら聞いてる虎ちゃん
「ある晴れた日に 二人は手に手を取って天に召されました
そして天国でもずっとずっと一緒でした」

ゆっくりと夢子から離れる虎衛門

夢「いつまでも いつまでも ずっとずっと一緒でした!
虎ちゃん!」


姿が見えなくなった虎ちゃんの声だけが
夢子の耳に届く

「夢、夢はタンポポだから
またどこかに飛んでいって
可愛い花を咲かせるんだよ
だから僕は風になる
風になって夢を運んであげるよ いいね」

公園に一人残る夢子
そこに仁達がやってくる

仁「虎ちゃんなんか言ってた?」
黙って頷く夢子

夢「虎ちゃん 私また虎ちゃんのところに飛んでいくから」
虎ちゃんから貰ったタンポポの綿毛を
ふ~っと吹く夢子

夢子が飛ばした綿毛が
みんなの元へ飛んで行く

--- 完 ---


東京、福岡千秋楽では
「あなたと二人で過ぎた日々・・・」と
夢子が一人で
9年と365日を歌います


町田君が言ったように
悲しいけれど
本当に愛に溢れた作品でした

この作品に出会えた運命に感謝します
玉野さん 黒木さん 禅さん 坂元さん 愛音さん
町田君 愛原さん 元気君 雄大君 良大君 悠二君 藤原さん
バンドの皆さん スタッフの皆さん 関係者の皆さん

本当に ありがとうございます

私のダーリンでご縁のあった皆さんと
町田君がまた一緒に舞台に立つ事ができますように
町田慎吾オフィシャル
shing-machida.com | Twitter



町田君出演 公式動画
[CHASE]町田慎吾ダンス動画ショートバージョン
※フルバージョンはオフィシャルサイトメンバー専用ページ

[SPARK]町田慎吾ダンス動画ショートバージョン
※フルバージョンはオフィシャルサイトメンバー専用ページ

戦国御伽絵巻「ソロリ」~妖刀村正の巻~町田慎吾コメント動画

HUNGRY〜伝説との距離〜 稽古風景

HUNGRY〜伝説との距離〜 スチール撮り

トラベルモード顔合わせ

相葉裕樹夜ふかしゲスト町田慎吾 ※チャンネル会員専用

アメスタ町田慎吾オフィシャル生放送(2015.9.6放送アーカイブ)

アメスタ舞台「AZUMI 幕末編」公演記念特別番組(2015.9.6放送アーカイブ)

舞台「双牙~ソウガ~」再演

舞台「双牙~ソウガ~零」

「CLUB SEVEN 9th stage!」コメント映像/町田慎吾(期間限定)


出演DVD&舞台公式グッズ

トライフルエンタテイメント出演作品

ハロー、イエスタデイ再演
特典付きDVD パンフレット 生写真
公演日程:2016年8月24日 ~ 8月31日
町田慎吾主演(一平)

魔王ロス症候群DVD+グッズ各種
公演日程:2015年12月23日 ~ 12月29日
町田慎吾出演(魔王ヴェルゴーン)

「双牙~ソウガ~再演」DVD・パンフレット・Tシャツ
公演日程:2014年4月9日 ~ 4月16日
町田慎吾主演(オウカ)
演出:きだつよし 作:羽仁修

「双牙~ソウガ~零」DVD・パンフレット
公演日程:2013年11月13日 ~ 11月17日
町田慎吾主演(オウカ) 佐野瑞樹君も出演(トウジロウ)
演出:きだつよし 作:羽仁修

双牙~ソウガ~
公演日程:2012年10月4日 ~ 10月9日
町田慎吾主演(オウカ)
演出:きだつよし 作:羽仁修

劇団ホチキス作品
HUNGRY~伝説との距離DVD(通販予定)
パンフレット、レストラン乾ハーブソルト(受注生産)
ホチキスオリジナルグッズ受付ページ
公演日程:2016年8月21日 ~ 8月24日
出演:町田慎吾(御手洗卓)
演出:米山和仁 作:劇団ホチキス(シャチキス)

演劇集団イヌッコロ作品
トラベルモードDVD 町田慎吾オフィシャルで予約受付2016/8/4まで
公演日程:2016年3月30日 ~ 4月3日
主演:町田慎吾(エディ/偽アトス)
演出:佐野大樹 作:*pnish*

LAUSU / 空想組曲 出演作品
小さなお茶会。DVD+パンフレット
公演日程:2015年12月5日 ~ 12月13日
町田慎吾出演(あきら)
作・演出:ほさかよう

「眠れない羊」DVD
公演日程:2014年12月10日~12月14日
町田慎吾主演(小塚)
作・演出:ほさかよう

「Panelist Drive」DVD・パンフレット
公演日程: 2012年5月30日 ~ 6月3日
町田慎吾(修二)、佐野瑞樹君(研一)の兄弟役W主演



ワンツー作品
パラサイト・パラダイスDVD
町田慎吾オフィシャルで予約受付2016/8/16まで
公演日程:2016年6月23日 ~ 7月3日
出演:町田慎吾(明良)
作・演出:古城十忍

岡村さん演出作品
「AZUMI~幕末編~」DVD 公演日程:2015年9月11日 ~ 9月24日
町田慎吾出演(滝沢欣矢・近藤勇)


JOE Company出演作品
「7-ナナ-」DVD 2013年夏ツアー
町田慎吾主演(四堂・飛田)


雑誌・書籍

カンフェティ6月号(18P目) 2016年5月発行
町田慎吾パラサイトパラダイス対談

YOUPAPERステージ(vol.19)
YOUPAPERステージ VOL.19の特集に町田慎吾さんが登場!
町田慎吾特設ページ ASIAN POPS MAGAZINE 120号 Pick Up Stage & interview 町田慎吾
つかこうへい7回忌特別公演「引退屋リリー」

ASIAN POPS MAGAZINE 118号
Pick Up Stage 町田慎吾
「AZUMI 幕末編」で舞台復帰!今の目標、夢を語る

カンフェティPICKUP「小さなお茶会。」
町田慎吾・ほさかようWEBインタビュー



町田慎吾公式コンテンツ

町田慎吾オフィシャルチャンネル
Twitter | Instagram | CindyLOL



町田慎吾オフィシャルサイト
shingo-machida.com

最近の記事

ブログ内検索

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

町田慎吾出演動画コンテンツ



「アクトカンタービレscene 2」直前ニコ生SP 2019/4/30


「犬ドキ!アクトカンタービレscene1 特番」2018/11/19


「となりのホールスター」ダイジェストCM」2018/5/10


「となりのホールスター~パンフレット撮影~」2018/4/30


DANCE CLIP「MITAMA」2017/9/19


町田慎吾主演で描くオリジナル時代劇!戦国御伽絵巻『ヒデヨシ』


戦国御伽絵巻『ヒデヨシ』(ゲネプロ)


ホチキス20周年記念公演第2弾
「あちゃらか」予告動画


DANCE CLIP「GUILTY」2017/4/1


博品館劇場:「Silver Star, Silver Moon, Silver Snow」森さんと町田さんからのメッセージ


DANCE CLIP「BURNING」2016/10


戦国御伽絵巻【ソロリ〜妖刀村正の巻〜】


戦国御伽絵巻【ソロリ〜妖刀村正の巻〜】PV


DANCE CLIP「CHASE」2016/7


DANCE CLIP「SPARK」2016/3


HUNGRY ~伝説との距離~ PHOTO


HUNGRY ~伝説との距離~ MAKING


トラベルモード顔合せ


舞台「双牙~ソウガ~」再演


舞台「双牙~ソウガ~零」

QRコード

QR

リンク

RSSリンクの表示